岩手県北上市:抑うつ症状と腸内細菌異常

2021年01月18日(月)

年明けからなんだか鬱っぽく自律神経が乱れているような気がするという相談を受けました。

冬になり日照時間が短いためビタミンDの不足か、もしくは去年の9月から本格的に学び始めたビリーフチェンジのセラピーが必要かななどと予測を立てます。

 

抑うつ症という周波数の入った検査アンプルで検査してみると反応があるので、これを元に施術にはいりました。

腸内細菌異常

始めに生体化学の分野で反応があり腸内細菌異常が優先と出ます。

腸内細菌異常の原因をさらに掘り下げてみると放射性物質ウランにアレルギー反応を示します。(あくまで当院で行っているのは診断ではなく、キネシオロジーの反応です)

当院にある10種類以上あるプロバイオティクスから、クライアントさんに最適なものを選び、アドバイスします。

次にウランに対するアレルギー反応を解除するテクニックを行いました。

抑うつ症状に対して当院ができる事

抑うつ症状に対しての対処方法はお一人お一人違います。

もちろん人間関係や挫折経験、トラウマなどによるカウンセリングやセラピーが必要な時もあれば、携帯電話などの電磁波によるアレルギー、栄養不足、頭蓋骨や頸椎、尾骨の歪みによる脳脊髄えきの循環不全など様々であり、またいくつもの原因が重なり合っているため優先順位を重要視し1つ1つ解除していきます。どうも解決への糸口が見つからないなぁとお悩みでしたら、原因や解決策はいがいなことかもしれません。

ご相談お待ちしております。

 

  |  

過去の記事