症例:貧血と診断されたクライアント

2017年05月16日(火)

40代女性  パート立ち仕事

症状:病院で血液検査をした結果ヘモグロビンの数が減少している。

その他

・甲状腺機能以上

・首から背中にかけての張り

・右足の親指がたまにしびれる

など

 

約1年ぶりの再診。

覚えていてくれてありがとうございます。

そしていざとなったら頼ってくれることに感謝しております。

特別コース(フィシオエナジェティック+ボディートーク)にて施術

課題は鉄欠乏性貧血のアンプルのみと出る。

これをからだに読み込ませタップ。

施術を開始します。

①カンジタ真菌→毒素:グルテン→必須脂肪酸不足をひとつのグループとして肝臓にリンクしてタップ
②小腸

小腸にサブセッション

その他のシステム:フィシオエナジェティック

腸粘膜異常:ビフィズス菌

NLポイントと言われる反射点を用いた施術

小腸からのリンク先

甲状腺

 

甲状腺にサブセッション

NLポイントを刺激しながら意識についての質問をします。

「何について息苦しさを感じてますか?」

クライアントさん。

声を震わせ、涙を浮かべながら・・・

「全ての事が嫌になる・・・」

と。

小腸と甲状腺のコミュニケーションを意識しながらタップ
③その他のシステム

身体構造:尾骨、頸椎一番をインテグレーターという機器を用いて矯正

     頭蓋仙骨治療

情報:ニューロオリキュロセラピーで耳つぼ刺激

④ハートチャクラと鋤骨ー剣状突起の相互部位を結んでタップ

 

以上。身体症状である首、背中の突っ張りは取れ、右足の親指のしびれも改善。

アマニ油などの必須脂肪酸とビフィズス菌の積極的な摂取、小麦粉製品は控えた方がよいグルテンフリー生活をアドバイス。

次回は2週間後。

鉄欠乏性貧血の反応はあったが鉄の必要性はなし。

いやむしろ、カンジタの反応がある場合は控えた方がいいでしょう。

カンジタについてはいずれ。

しかしボディートークの内容をブログや文章にするのは難しいですね。

少しずつ修正や加筆していきます。

  |